読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソgemできた

これ

最近、自分が何をしていたのかわからなくなる。 一ヶ月、二ヶ月前ははるか昔のように思うけれど、一年前を思い返してみるとあまり今と変わっていないように思う。 例えるなら水の中を手で掻き分けて進むような時間感覚で、毎日息を止めて自分なりに必死にもがくのだけれど、ふと省みると理想とは程遠い距離しか進めていないことに気づく。

当たり前だが、何かをした分だけ時間というものは失われている。自分が何を選択して時間を過ごしているのか、放っておくと無自覚で、そのくせ現在の自分の責任が過去にある事に気づいてそのたびに辛い思いをする。もっと辛いのは、残り時間で自分ができることも大抵予想がついてしまうことで、これは数ある現実の中でも最も辛い部類に入る。タイムリープするアニメには刺さる名作が多いし、人間時間という概念に強い感情を抱く生き物ではとかいう気さえしてくる。

こういう話は普段あまり思い出さずにいれるが、それこそ時間を追うごとに看過できない問題になってきた実感がある。気づいたら二十代も半分を過ぎてしまっていて、もしこの後真人間っぽいライフプランを描くのならば(別にそんな予定はないが)、やれることが残り少ないのはもう目に見えている。なので毎日の行動をなるべく記録して、後で見返せたほうが良いと思った。

そういうわけでこのスクリプトを書いた。自分のネット上の行動を取得して、最終的にこんな感じのものを Evernote にポストする。ちなみに日記も少し書いてみたが、全く続かなかったし、たまに嘘書いてるので使い物にならなかった。

f:id:gong023:20140613024521p:plain

今対応しているのは上記の通りで、それぞれデイリーのアクティビティを取得している。こういう調子で動かしている

require 'everlog'
everlog = Everlog::Daily.new
everlog.push(:github, { access_secret: access_secret })
everlog.publish('title', access_secret, 'production')

ライブラリにするほど抽象度が高くないのでこれは紛れも無いクソ gem だが、DDD に則ってコードを書いたおかげで勉強になったり、毎日の出社時間が明らかになって詰められたりとか思い出深い感じだったので記念に gem にした。ちなみに一部 OAuth で token を払い出せないものもあるが、サービスが rails でセッションが cookie だったりするアレだと少しうまくやれば API として使えて便利。