読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

php-blt2でLTした

PHP BLT #2 - connpass でLTしてきたので資料貼っておきます

speakerdeck.com

普段ほとんどエンジニアの勉強会行かないしLTするのとか多分2年ぶりとかだったと思う。

自分の場合、ついこの前まで卓球ハウスにいたので技術の話する相手や機会には困らなかったけれど、卓球ハウスは解散したので今後もしかしたらこういう機会増えるのかなあとか思った。

内容について特に補足することはないけど、PHP拡張のマクロ情報少なくて面倒だなあという感じです。References に載せてあるリンクからの抜粋だけど、一応ここわかって助かったみたいなの書いときます。

  • PHP_CHECK_LIBRARY で必要な引数について
  1. The name of the library. In our case score will be transformed into -lscore when compiling. Example: cc -o conftest -g -O0 -Wl,-rpath,/usr/local/lib -L/usr/local/lib -lscore conftest.c
  2. The name of the function to try and find within our score library.
  3. The set of actions to take if the function is found. In our case, we are adding to the Makefile code to compile against our library and defining HAVE_SCORE which is used by the during compilation.
  4. The set of actions to take if the function is not found. In our case, we are throwing an error with a human readable error message.
  5. The set of extra library definitions. In our case, we are making sure the compiler knows where to find our shared object.
  • PHP_ADD_LIBRARY_WTH_PATH で必要な引数について
  1. The name of the library.
  2. The path to the library.
  3. The name of a variable to store library information. We will use this with PHP_SUBST.

詳しくはこちらで